• ホーム
  • 美容の大敵であるタバコは手にも影響する

美容の大敵であるタバコは手にも影響する

2019年09月13日

素肌年齢を高めない事が美容の為にも大切な事です。
その為にも日頃のスキンケアが大切ですが、多くの方はスキンケアを行う際には顔や首元あたりのケアに力を入れているようです。
顔は人によく見られる部分ですのでスキンケアに力を入れるのは良い事と言えますが、しかしながら手も欠かさずにケアする事が大切です。
手も年齢が出易い部分ですし、顔の皮膚が若々しくても手がシワだらけだったりすると年齢を感じさせてしまいます。

ですから手の美容の為にも気を配る事が重要ですが、その為にもケアをする事はもちろん、タバコを吸っている場合は禁煙をする事も欠かせません。

タバコは美容の大敵であり一つのメリットもありませんが、タバコを吸っているようですと老化を促進させてしまう事になるのです。
そして顔の老化を促進するのはもちろん、手の老化も早める事になってしまいます。

タバコにはそれだけの有害性がありますが、どのように良くないのかと言えば、まず血流を悪くします。
喫煙をすると血液がドロドロになると言われていますが、ドロドロの血液では効率的に酸素や栄養を供給する事はできませんので、それによって各細胞の衰えを促進してしまう事になるのです。
そして細胞の活動が低下する事によって乾燥が強くなってしまったり、それによって手のシワが強くなるなどの問題があります。

タバコに含まれる有害物質自体も当然害になります。
ニコチンやタールをはじめ、その他にも沢山の有害物質が含まれていると言われていますが、それらの物質が血液によって身体の様々なところへ運ばれるのは美容にとって良いはずがありません。
老化を促進するのは必然ですし、若さを維持したいのなら禁煙が必須と言えるのではないでしょうか。