• ホーム
  • 美容にこだわる美肌マニア達が愛してやまない、雪肌精

美容にこだわる美肌マニア達が愛してやまない、雪肌精

2019年10月13日

美肌女優のCMでおなじみの雪肌精。
今やすっかり美白化粧品の定番商品となっていますが、その歴史はとても長く30年前の1985年に誕生しました。
常に新しい商品を世に生み出している化粧品業界には異例中の異例で、30年間ほとんどパッケージも変わらず長きにわたって女性の美白を支え続けています。
発売当初雪肌精は、「お手持ちの化粧水の前につけると美白効果が得られます」というプラスワン的な存在でした。
和漢植物配合で弱酸性の薬用ローションということで美肌マニアたちの目にとまり、その美容効果に評判がどんどん広まっていき、30年も愛されるロングセラー商品となったわけです。
コットンに含ませてパッティングしたり、フェイスマスクでローションパックをしたり、美容にこだわる美肌マニアたちはいろいろな使い方をしながら美白を目指していましたが、ライン使いで美白効果をアップさせたい思いから「雪肌精の乳液がほしい」という声もあがるようになりました。
そして雪肌精薬用ローション誕生から実に15年後の2000年クリームが、2002年乳液が誕生しました。
時代はガングロブームが終わりを迎え空前の美白ブームがやってきます。
そんな中エッセンスや洗顔料が次々と発売され、雪肌精の快進撃が続くのです。
中でも近年発売されたサンプロテクターやBBクリームは美容雑誌に特集され、スキンケアしながら紫外線を防いだり肌を美しく見せられると、美肌マニアの間で評判になったため売り切れ店舗が続出しました。
こうして雪肌精シリーズは、美白化粧品の中でも不動の存在となり、あらゆる世代に愛される化粧品となったのです。
最近では、海を渡って世界中に愛用者を増やしつつあり、「美白の国、ニッポン」と言わしめるまでになりました。
これからも雪肌精は、多くの女性の肌悩みに寄り添い続けてくれることでしょう。